FC2ブログ

冷え性対策によい入浴剤

寒くなる季節がついに始まりを告げてますね。
ついこないだまで長袖だと思ってたのにー!
冷え性で足が紫色になったりしたりしませんか?冷え性対策のための評判の入浴剤をお伝えします。

冷え性対策のための評判の入浴剤



まずは準備しましょう。お湯は熱めに42-43℃にします。
評判の入浴剤はこんなものがあります。

クナイプ
 ドイツ生まれの入浴剤。値段は高いけど評判はとてもいいです。

温め健康美人 生姜
 生姜パワーでポッカポカに温める入浴剤。試してみましたがよかったです。

パインハイセンス
 お風呂から出ても保温効果が持続するという入浴剤。ネットでもちらほら評判。


生姜しか試していませんが、どれもそれなりにネットで評判です。みなさん試したら使い勝手教えてくださいね♪


こんなひとにオススメです



・体温調節があまり上手く出来ず寒い外から暖かい室内に入ってもなかなか温まらない人
・半身浴をしても逆に風邪をひいてしまう人


入浴剤 通販ならヒーリングボックス
お風呂グッズ 通販

このエントリーをはてなブックマークに追加   にほんブログ村 にほんブログ村へ
スポンサーサイト



オリジナルの入浴剤の作り方

今日は突然ですが、女性の方に特におススメの、わたしオリジナルの手作り入浴剤の作り方!を
ご紹介させていただきます。

市販の入浴剤が使えない方へ



私の姉は敏感肌なので、入浴の時には化学物質の入った市販の入浴剤が使えません。
そこで私が考えたのが、天然の食物を使ったオリジナル入浴剤です。
食べられるものがカラダに悪いわけありませんという発想からきています。
その入浴剤のもととなる素材は、なんと昆布です。

こんぶ

海草から生まれた魔法の成分フコイダン



昆布はお肌をツルツルにする成分がたっぷり含まれています。
海に生息する海草を思い出していただくと分かると思いますが、
海草にはヌルヌルした成分が含まれています。

このヌルヌル成分は、海草が作り出した、自分のからだを乾燥することから防ぐ物質「フコイダン」といいます。
人間の体にも有効的に働きますし、天然の素材なのでかぶれたりすることもありません。

お肌はつるつる!みずみずしい肌に!



入浴剤として使うには、インターネットの通販で販売している、美容用の粉末昆布を使うのがおすすめです。
粉末の昆布を大さじ5杯ぐらい入れて入浴すると、ほのかな海の香りがして、お肌はツルツルになります。
驚くのは、入浴した後です。

お肌はツルツルになり、保湿効果がしばらく続くので、タオルでからだを拭いた後もみずみずしい肌のままです。




入浴剤 通販ならヒーリングボックス


このエントリーをはてなブックマークに追加   にほんブログ村 にほんブログ村へ

【入浴剤】仕事あがりのプチ贅沢な入浴剤

平日使うプチ贅沢コース (入浴剤)



平日、余裕があるときはそこまで高くない入浴剤を使います。
次の日が仕事がないと夜更かしできるので時間をたっぷりかけられますが、平日ですとそうもいかないですしね。

安い入浴剤ですと、バスロマンが本当に楽チンですが、プチ贅沢という感じではないですよね。
なので200-300円はするものを使ってプチ贅沢を味わいたいですね。

たとえばこれ!

爆汗湯 クリーミー泡パック プリンセスフルーティーの香り(入浴剤)

爆汗湯 クリーミー泡パック プリンセスフルーティーの香り(入浴剤)


爆汗湯 クリーミー泡パック プリンセスフルーティーの香り(入浴剤)

ブランド:爆汗湯(ばっかんとう)
発売元 バイソン
メーカー希望小売価格:\252
当社販売価格:\215(税込)
商品番号:E188076H
通常1~2日以内に出荷予定
在庫数:20個以上



これは激ヤセするとかダイエットに繋がるとかそういった類のものですが、
普通にゆっくり30-40分お風呂に入るのでいい気分になれます。


他にはコレ!


ヴェレダ トチ バスミルク 200mL

12040510.jpg



ヴェレダ トチ バスミルク 200mL

3360円で200mlですので多分10-15回分くらい。
つまり、一回200-300円のものですが、だまされたと思って使ってみてください。
使っていると心やすらぎます。
王女の気分になれます。
何より自分が癒されてる感じがしてきます。


石鹸 通販なら
入浴剤 通販なら

このエントリーをはてなブックマークに追加   にほんブログ村 にほんブログ村へ
プロフィール

お風呂さん

Author:お風呂さん
お風呂大好き素敵女子のためにお風呂サイトや入浴剤、いい匂い女子になるための石鹸などを不定期更新するサイトです。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
バスまとめ
RSSリンクの表示
リンク